関西空港、LCC専用ターミナルの施設使用料を決定。国際線は1500円、国内線は出発時350円・到着時400円。空港利用者から徴収

関西国際空港(大阪)

関西空港に2012年10月にオープンする、LCC専用ターミナルの施設使用料が決定したと一部メディアで報じられました。

国際線は1,500円、国内線は350円(出発時)または400円(到着時)を、利用者から徴収することになります。
(航空券購入時に、航空会社が代理徴収する形になります)

関西空港の既存ターミナルでは、国際線利用時は施設使用料が2,650円ですが、LCC専用ターミナルは簡素な作りとなることから割安な設定となったようです。
一方で、国内線利用時も施設使用料が徴収されることになります。これは、羽田空港・北九州空港・中部国際空港に続き、4ヵ所目です。

関西空港のLCC専用ターミナルは、オープン時はPeachのみが利用することになるようです。
Peachの国内線は、現在は施設使用料を上乗せした形で運賃が設定されていると思われますが、施設使用料が別途徴収される形になることに伴い、国内線各路線の運賃自体は値下げされることが予想されます。

関西国際空港(大阪)

※追加記事(2012年7月31日):
関西国際空港、LCC専用ターミナル(第2ターミナルビル)10月28日オープン。国内線・国際線に対応、搭乗橋無し。コンビニ・免税店・ピーチの店舗も


カテゴリー: 関西空港 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。