LCC「エア・オーストラリア」が資金不足で全便運航停止、利用客が空港に足止め。カンタス航空が振替輸送などで支援

オーストラリアを本拠地とするLCC「エア・オーストラリア」が、経営難による資金不足のため、2012年2月17日から全便で運航停止となっていると報じられました。

この影響により、タイ・プーケット、インドネシア・バリ、ハワイ・ホノルルなどの空港で、エア・オーストラリア便の搭乗予定だった利用客が空港に足止めされる事態となっているようです。
このため、オーストラリアの大手航空会社であるカンタス航空が、利用客の振替輸送などの支援を行なっているとのことです。

ちなみに、運航停止となった便のチケットについては、払い戻しすらできない状態とのこと。クレジットカード決済の場合は、カード会社に連絡して決済停止の手続きをすれば大丈夫なようですが、現金などで支払済みの航空券については、払い戻しされる見込みは薄いそうです。

海外のLCCに限らず、どこの航空会社を利用する場合でも、このような事態が起こる可能性が無いとは言い切れないことを、頭の片隅に入れておくと慌てずに住むかもしれません。


カテゴリー: 情報・トピックス タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。