スターフライヤー東証2部上場(IPO)へ。12月20日前後の予定。ブックビルディングなどの日程は未定。羽田ー北九州・福岡・関西空港を運航する航空会社

株式会社スターフライヤー(スターフライヤー、SFJ)が、東京証券取引所第2部に上場する見通しであると、一部メディアで報じられました。
報道によると、上場は2011年12月20日前後となる見通しだそうです。

スターフライヤーが運航している路線は「東京(羽田)ー北九州」「東京(羽田)ー福岡」「東京(羽田)ー関西空港」の3路線。
北九州線、関空線は、ANAとのコードシェア便としてスターフライヤーが運航しています。

スターフライヤーの公式ウェブサイトから申込できるもっとも安い運賃だと、北九州・福岡が片道10,800円、関西空港が片道9,400円(いずれも11月の運賃、税込)と、大手航空会社よりも安い運賃が提示されています。
スカイマークだけでなく、ピーチ、ジェットスター・ジャパンなどにより、国内線でもLCCの格安運賃による競争が激しくなることが予想されますが、今回の株式上場による資金調達で、経営体力を強化することが目的とされています。

[スターフライヤー]公式ホームページ


カテゴリー: LCC関連情報, スターフライヤー, 北九州空港, 福岡空港, 羽田空港, 関西空港 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。