[ソラシドエア]大分ー東京(羽田)、就航1周年。新たにボーイング737−800を投入

ソラシドエア(スカイネットアジア航空)の「大分ー東京(羽田)」線が、2011年10月31日に就航1周年を迎えました。
東日本大震災の影響もあり、9月末までの通算搭乗率は55.7%となり、当初の目標である搭乗率「60%台後半」には届きませんでした。
直近3ヵ月(8月〜10月)の速報値では60%台まで回復しており、今後の利用状況が注目されるところです。

また、11月5日からは朝の1便に新型機「ボーイング737−800」を投入し、運航コストの削減による運賃値下げなども目指すそうです。

[ソラシドエア]


カテゴリー: ソラシドエア, 羽田空港 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。