[バニラエア]3月30日以降の運賃・手数料を改定。国内線は値上げ、ソウル線は値下げ

バニラエアでは、2014年夏期ダイヤ(3月30日~10月25日)搭乗分の運賃を発表しました。

・東京-札幌 1000円値上げ/(コミコミバニラ)9000円~ (シンプルバニラ)6500円~
・東京-沖縄 1000円値上げ/(コミコミバニラ)11000円~ (シンプルバニラ)8500円~
・東京-台北 変更無し/(コミコミバニラ)12500円~ (シンプルバニラ)10000円~
・東京-ソウル 500円値下げ/(コミコミバニラ)10000円~ (シンプルバニラ)7500円~

国内線は消費税増税に伴う値上げとなるようですが、利用が好調なためか、増税幅以上に上乗せされることになります。
消費税がかからない国際線については、台北線は据え置きとなりますが、需要が低迷しているソウル線は値下げとなります。

また、各種手数料も一部が値上げされます。
受託手荷物料金が、コミコミバニラ・シンプルバニラの場合は20キロ超が200円~300円の値上げ、わくわくバニラの場合は1000円~1300円の値上げとなります。
空港カウンター利用料が300円値上げで1000円となります。
このほかの座席指定料や支払手数料は現行維持となり、消費税増税分が転嫁されない形になります。

[バニラエア/Vanilla Air](公式ホームページ)


カテゴリー: バニラ・エア タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。