エアアジア・ジャパン、ANAの完全子会社化。ピーチとは合併せず、ブランド名は10月末まで。運航は継続

3番目の国内線LCCとして、2012年8月に運航開始した「エアアジア・ジャパン」は、ANAとエアアジアの共同出資のよるLCCですが、ANAが100%完全子会社化することで合意したと発表がありました。

エアアジアは今後、日本国内でのLCCを別の形で再度参入することを目指すとのこと。
エアアジア・ジャパンは「エアアジア」ブランドを2013年10月末まで使用し、その後は新たなブランド名で運航を継続することになるようです。

同じくANAが出資する国内線LCCのピーチ・アビエーションは、これまで通り独立した運営を継続し、エアアジア・ジャパンとの合併などは検討されていないようです。
エアアジア・ジャパンがANAの完全子会社となったあと、これまで通りに成田拠点のLCCとして運航するのか、ANAのグループ会社として地方路線の運航を担当するのかなどは不明です。

なお、エアアジア・ジャパンとしての運航は引き続き継続されますので、すでに購入したチケットがある場合は、そのまま搭乗できます。

[エアアジア]公式ホームページ


カテゴリー: エアアジア・ジャパン タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。