操縦士確保が課題に。LCCの路線拡大・運航本数増便で、国際的にパイロットの争奪戦が繰り広げられる?日の丸操縦士の養成も進む

2011年から2012年にかけて、日本でもLCC格安航空会社による新路線が、国内線・国際線とも急増する予定です。
また、日本に限らず、航空路線が急速に発達している中国の国内や国際線でも、運航本数や路線がどんどん増えています。

そこで問題になるのが、飛行機の運航に携わるスタッフの確保。先日もジェットスター・ジャパンが客室乗務員のプレエントリー受付を開始するなど、採用活動が活発化。
日本でもピーチやエアアジアジャパン、ジェットスター・ジャパンなどが、客室乗務員・クルーなどの採用を積極化しています。
中でも最重要視されているのがパイロット(操縦士)の確保。急成長させる段階では、自社で操縦士を要請するには時間もコストもかかり、現実的ではありません。
そこで、即戦力となりうる人材を、世界中の航空会社が奪い合うという状況が起こっているようです。

レガシーキャリア(大手航空会社)でも、現役の操縦士が高齢化し、退職する人員をカバーするための人材育成が急務となっています。規模が大きいと中途採用・ヘッドハンティングなどだけでは間に合わず、自社で採用した候補生をパイロットに養成する必要性があります。
今後の航空会社の生き残り競争は、実はパイロットが命運を握っているのかもしれません。


カテゴリー: LCC・航空会社の求人情報 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。