LCCで海外に行くなら、外貨両替もおトクに!事前に宅配で

トラベラーズチェック、クレジットカードよりも現金?

海外旅行や海外出張、海外への移住など、外貨を必要とする機会はたびたびあります。
一昔前であれば渡航前に銀行などで「トラベラーズチェック」を購入して、現地で換金するという方法がありましたが、現在ではトラベラーズチェック自体が廃止されてしまっています。
現在では外貨を持たなくても、クレジットカードがあればそれほど支払手段に困ることはなくなりましたが、それでもまだクレジットカードが使えないケースも多くなります。

やはり、海外に行くときには、現地で通用する外貨を用意することが必須とも言えるでしょう。

「トラベラーズチェック」
海外で多額の現金を持ち歩かなくてもいいように発行されている小切手です。
現在では、日本国内では販売されていません。
海外に行く前に、国内の金融機関でトラベラーズチェックを購入し、それを持って海外の銀行や両替店などで外貨に換金することができました。
換金する前に紛失・盗難しても再発行してもらうことができるため、現金で持ち歩くよりも安全です。

[クレジットカード]
決済時にカードを提示し、サインまたは暗証番号を入力することで、支払いが完了するものです。
あらかじめ設定された限度額の範囲内であれば、手持ちの現金が無くても支払いができるのが特徴。国内でのショッピングなどにもよく使われていておなじみです。
海外でも「VISA」「MasterCard」「JCB」などの国際ブランドのクレジットカードが使える加盟店であれば、国内と同じようにクレジットカードで支払いができます。
海外での支払い分は、カード会社の定めるレートで円に換算されて、後日口座から引き落とされます。外貨に両替する必要がない点がメリット。

クレジットカードは発行までに時間がかかることも

海外での支払いにも便利なクレジットカード。
ただ、注意したいのがカードの発行までに時間がかかることもあるという点です。

一般的なクレジットカードでは、申込からカード発行まで、約1ヵ月程度かかります。
カード発行に係る審査や在籍確認、口座振替の手続きなどが完了するまでの時間が必要となります。
最近では、ウェブ上や受付カウンターなどで申し込むと、その日のうちに審査が完了して、即日カード発行も可能なクレジットカードもあります。といっても、申込内容によっては審査に時間がかかるケースもあり、必ずしも即日発行が可能だというわけではありません。

クレジットカードは、申し込んだら必ず発行してもらうことができるものではない、という点にも気を付けておきたいところ。
「来月海外旅行に行くからカードを申し込んでおこう」として、出発する直前になって発行できませんでしたというお知らせが届いても、もう間に合いません。
すでに持っているクレジットカードがあるのなら問題ありませんが、海外に行くためにクレジットカードを作ろうとしているのであれば、審査に落ちて発行されないこともあるということは頭に入れておきましょう。

外貨の現金が必要となるのはどんなとき?

クレジットカードがあれば、たいていの支払いには困ることはありませんが、それでも現金が必要となる場面もまだまだ多くあります。
どのようなときに外貨の現金が必要となるのでしょうか。

・電車、タクシー代
電車の切符を買ったり、タクシー代を支払う場合には、クレジットカードが使えないケースも多いです。
外貨現金をまったく持たずに海外に行くと、空港からの交通手段で支払いができない、なんてことも。

・チップを渡す
日本国内ではチップの習慣が無いため、ついつい忘れてしまいがちですが、海外ではチップを渡す必要があるシーンがけっこうあります。
飲食店などであればチップの金額も含めてクレジットカードで決済することもできますが、ホテルで荷物を運んでもらったり、トイレを使ったりした際のチップを渡すのには、やはり現金が必要。

・買い物
たいていのお店ではクレジットカードが使えますが、小さなお店や露店などで買い物をする場合にはクレジットカードが使えないことも多いです。

・機内販売
機内販売での支払いに、海外の通貨しか使えないケースも。
日本円で支払うことができても、レートが不利だったり、お釣りが外貨でしかもらえないこともあります。
とくに、LCCでは機内食や飲み物も有料なことが多いので、飛行機に乗る前に外貨を用意しておく必要があります。

外貨の現金が必要となるのはどんなとき?

成田や羽田、関西などの大きな空港であれば、空港内にある両替所で多くの通貨に両替することができます。
しかし、地方の空港だと、就航している国の通貨は用意されていても、その先に乗り継いで行く国の通貨までは用意されていないことも。
例えば、仁川国際空港への路線がある地方空港では、韓国ウォンへの両替はできても、それ以外の外貨は無いこともあります。そのため、仁川国際空港で乗り継いで他国に行くような場合でも、空港で両替することができません。

また、地方空港では外貨に両替できてもレートが悪かったり、あらかじめ決められた金額の紙幣がセットになった外貨パックのようなものしか用意されていないことがあります。
事前に両替したくても、地方では両替できる場所が無かったり、場所が離れていて交通費がかさんでしまったりして、負担が大きくなりがち。

このようなケースには、外貨宅配サービスがピッタリと言えるでしょう。
全国各地のどんな場所に住んでいても、ネットで申し込むだけで自宅に居ながら外貨を受け取ることができます。勤務先などでも受け取ることが可能。
両替レートはもちろん全国共通なので、地方だからレートが悪くなるということもありません。
そして、金種が選べるのも外貨宅配サービスの魅力。「小額紙幣を多めに」といった形で両替することもできます。

パッケージツアーでの海外旅行なら事前両替がベスト

海外旅行を申し込む場合は、旅行会社で募集されているパッケージツアーなら手間がかかりません。
スケジュールは旅行会社が決めてくれますし、飛行機やホテルの手配も全てやってくれます。
なにより、現地添乗員や現地スタッフなどがいるので、旅行中になにか困ったことがあってもすぐに相談できるのが安心です。

手軽に海外旅行を楽しめるパッケージツアーですが、基本的には団体行動となります。
団体行動であるため、勝手に抜け出したりすると他の参加者に迷惑がかかることも。自分の好きなように行動できないのは団体行動ではしょうがない点です。

出発時は空港に2時間前には集合。現地空港に到着後も、バスで宿泊先のホテルに送迎されたり、免税店に案内されることになり、単独行動はなかなかできません。
そのため、外貨両替しようとしても時間が取れず、レートの良い両替所を選ぶ余裕が無いケースもあります。

ゆとりをもって参加できるよう、事前に外貨に両替しておくと、余計な心配をすることもなく、パッケージツアーを楽しめるでしょう。
決められた集合時間よりもっと早めに空港に行って、空港内で両替するのも一つの手です。
そのほか、あらかじめ外貨宅配サービスを使って両替を済ませておくのも良いでしょう。これならわざわざ銀行などに行く必要も無く、忙しい人でも簡単に両替しておけます。


カテゴリー: 海外旅行 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。